職員ブログ

『納骨堂職員Kの徒然日記、はじまります』

LINEで送る
Pocket

はじめまして!職員ブログ担当2番手「納骨堂職員K」です。

20161113%e7%b4%8d%e9%aa%a8%e5%a0%82%e8%81%b7%e5%93%a1k%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%8d%e3%81%82%e3%82%8a
(※画像はイメージです)


 まだまだ新人故に勉強の日々ではありますが、東京お嬢先輩と一緒に頑張っていきたいと思っております、どうぞよろしくお願いします!


 さて今回は、東京御廟一階、町屋光明寺本堂にいらっしゃいます阿弥陀様をご紹介します。

%e9%98%bf%e5%bc%a5%e9%99%80%e6%a7%98

 こちらは元禄時代に彫像された阿弥陀如来立像で、鎌倉初期に活躍した名匠運慶の第17代の子孫、大仏師康運の作です。
 いやあ、美しいですね。ならではの荘厳な佇まい!


 実は「荘厳」はそうごん、と読みますが、仏教用語で同じく荘厳と書いて「しょうごん」というものがあります。
 仏様や仏堂を美しく飾る、といった意味なのですが、ここから「そうごん」という言葉が派生して、重々しく立派でおごそかという意味になったんです。


 …なんて書いていますが、私も今知りました(笑)
 日々発見ですね!


 さてさてこちらの阿弥陀様ですが、町屋光明寺というお寺の御本尊としていらっしゃいますので開廟中はいつでもお参りが可能です。(近々お引越しするというお話も聞きますが…)
 私も一日の始まりに手を合わせていますが、その一瞬の間だけ阿弥陀様と二人きりに(脳内で)なり、気が引き締まって「いい感じ」なスタートを切ることが出来ます。皆様も是非お試しあれ。


 それでは、納骨堂職員Kでした。Have a nice day!

LINEで送る
Pocket

ピックアップ