職員ブログ

『くりだし。』

LINEで送る
Pocket

皆様お久しぶりです、納骨堂職員Kでございます。

先週末は節分でしたね!皆様は恵方巻き、召し上がりましたか?

恵方は北北西やや北でしたが・・・気になりますよね、やや北(笑)

20170205①

近年は恵方巻きではなく恵方ロールケーキや、

はては恵方ソーダなんてものもあったそうですね!

恵方ソーダは恵方を向いて飲み干すそうですが、

「巻」ではないのは見ないふりでいいのでしょうか。

恵方巻き味(?)ではなくてピーチ味ですし。

突っ込みだしたらきりがなさそうです。

 

話題を変えまして、最近よくいただくお問い合わせの中に

「位牌が増えてしまって仏壇の中に置ききれなくなっちゃった!」というものがあります。

お位牌一つだと小さくても、三つ四つとなってきますと納められなくなってしまいますよね。

じゃあどうすればよいのか?

ご案内できる方法はふたつございます。

 

・「回出位牌」を作成する

・「先祖代々の霊位」を作成し、「過去帖」に名前を残す

 

のふたつです。

本日はひとつ目の「回出位牌」についてご説明しますね。

 

回出位牌(くりだしいはい、と読みます)はお名前を記す板札が収納された位牌です。

5~10枚ほど納められるものが多いようですね。

デザインは屋根や扉の付いた豪華なものから、

箱型のすっきりしたデザインまで多種にわたります。

20170205②

ちなみに東京御廟の二軒お隣、遊林堂では、いわゆる「家具調」と呼ばれる

シンプルなデザインの回出位牌を置いていますので見に来てみてください。

一番前の板札には○○家先祖代々の霊位という文字を入れ、

そのあとの板札には故人様のお名前を記し、魂入れを行います。

魂を抜いた方のお位牌はお焚き上げを行いましょう。

これでお位牌は一つにすっきりまとまり、故人様もひとつ屋根の下、

さみしくはないのでしょうか。

 

記名や魂入れのルールはお家や宗派によって違ってきますので、

それぞれ調べてみてくださいね。

次回は過去帳について徒然記してみたいと思います。

 

それでは!最近味噌煮込みうどんがブームの納骨堂職員Kでした。

Have a nice day!

LINEで送る
Pocket

ピックアップ