職員ブログ

『都内納骨堂と東京御廟 パート②』

LINEで送る
Pocket

めんそ~れ~!!!!!
今日もアツイですね~。
沖縄から更新!?
いえいえ…いつものデスクでいつも通りの更新です(笑)

先日、職場のスタッフ全員で「終活カウンセラー初級」を受講し、
その後受験。
事前に勉強しなかったワタクシ…
こんなにも学ぶことに拒否反応が出るとは…泣
1人不合格かも~~~(ご住職すみませんっ!!!!!)

 

★  ★  ★  ★  ★

 

先々週の続きです。
今回は気になる料金についてご案内します。

「管理費」
契約金に含まれている場合。
13回忌、33回忌のタイミングで合祀になる納骨堂などは、
13年分、33年分一括払いという選択もあるようです。
(※合祀とは…遺骨を骨壺から出して既に祀られているご遺骨と一緒にまとめ土に還すこと。)

東京御廟は、年間管理費10,800円(一括払いナシ)
毎年11月末に翌年分を口座より振替させて頂いております。
主に機械メンテナンス・お花・お線香代です。


「納骨料金」
他は1,5~3万円(外墓だと高め)
東京御廟は1回の納骨で1万円
(※ご遺骨のお引越し=改葬で3故人同時納骨の場合でも1万円)


「法要時のお布施(ご僧侶にお渡しするもの)」
他は3~5万円
東京御廟は浄土真宗(東)の場合、回忌法要は3万円。納骨法要2万円。
(他宗の場合はプラスお車代5千円)
※ご自宅で法要する場合は宗派問わず車代1万円。


「永代供養」
他は13年、33年、50年の区切りで永代供養(合祀)にきりかわる
東京御廟は承継する方が途絶えないかぎり、合祀されることはありません。
※ただし承継する方が3年不在になると合祀に切り変わります。

ちなみに檀家制度のない東京御廟ですので、
返還手続き三千円で合祀のお手続きが可能です。

 

「たとえ代が途絶えてしまっても、この先ずーっとここで供養致します」
「お経をあげて弔います」

それが永代供養です。

 

現在東京御廟では、永代供養となったご遺骨は京都の天ケ瀬メモリアル公園
「やすらぎの塔」に納骨(合祀)されていますが、
ご遺骨の一部は、東京御廟本堂阿弥陀様の須弥壇に納めますので
本堂でのお参りはいつまでも、どなたでも、可能でございます。
20170521須弥壇


秋頃完成予定の新御堂。
東京御廟スタイルを取り入れつつ
気持ちよく故人様に会いに来られるよう
お迎えの準備中でございます。

法要場所や時間
スタッフの配置や契約方法
皆様が真剣に色々つめている最中ではありますが
私、東京お嬢は、

★寺カフェメニュー
「仏(ホット)ケーキ」「(阿)弥陀らし団子」

★お寺ガチャガチャ
「うでわ念珠」「ミニおりん」「僧侶フィギュア」「ミニ経本」

★遺影撮影スタジオ
「グリーンバックで背景選べるシステム」
「僧侶袈裟スタイルの顔出しパネル」(無料)

なんていう妄想を日々考えております~(笑)
採用される日は・・・
来るのか~来ないのか~来~な~い~ッ!!!!!!

P.S
母の日の湯豆腐セットとっても喜ばれましたYO!
大成功~(´◇`)/

 

 

LINEで送る
Pocket

ピックアップ