職員ブログ

『お墓とは???』

LINEで送る
Pocket

本日は父の日です。
高2になった娘は本日何かアクションするのでしょうか?
(ちなみに母の日には手作りプリンが振る舞われましたYO!!!)
小さい頃に娘から発行された「チュッ券」というのを未だ大事にとってある旦那…
使用期限を書き忘れて、いつ差し出されるか恐怖に怯えている娘を私は全力で守ります!!!!!(笑)

★  ★  ★  ★  ★  

そもそも、
お墓って絶対必要なの?

ブログを書くにあたってとうとうココまできてしまいました(笑)

自宅にご遺骨があることはいけないことではありません。
お守りする方がいらっしゃるならいいと思います。
ですが、その方がいなくなってしまった時…さあ困った!!!!!
と、ならぬよう考えておきたいものです。

『0葬』
こんな言葉が存在します。
「荼毘にふされたご遺骨の処分を斎場にお願いする」というもの。
まさに、お墓いらず。

ですが・・・この「0葬」はメジャーではありません。
関東では全骨お持ち帰り頂くとされています。

大阪など西の地方では火葬場にて分骨(骨壺サイズ:5寸)するところが多く
「0葬」を行っているところがあるら・し・いです。
※関東の骨壺サイズは7寸(または6寸)

跡継ぎもいない。
身寄りもない。
いろんなご事情があるかとは思いますが
「斎場にて処分」=「供養する」ではありません。

ではどうしたらよいのか・・・

永代供養してもらえる「霊園」「お寺」などで合祀(ごうし)というお手続きが
お墓をもたず定期的に供養もしてもらえ、安価だと思います。
(※合祀…ほかの方のご遺骨と一緒に納骨すること)
注意すべき点は、一度納骨してしまうとご遺骨はお取りだしすることができないという事です。

東京御廟でも「合祀」承れます。
(一般価格:12万5千円)
系列の霊園、京都宇治市にある「天が瀬メモリアル公園」へ。
ここに「やすらぎの塔」という合祀墓があり、定期的に供養もされます。

20170618①天ケ瀬合祀墓

ここまでは「お墓を持たない」スタンスで進めてまいりましたが
やはり東京お嬢は納骨堂職員ですので
『家族や友達をお参りできる場所』が欲しいです。
『家族や友達にお参りされる場所』が欲しいです。

 

新御堂!!!!!着々と出来てまいりました。
先日現場の方々と慰労会がありまして・・・
豪華なお寿司でカンパイ!
早速激写!!!!!
20170618③慰労会寿司

建物は完成に近づけど、
私の知識はレベルアップせず(泣)

20170618③新御堂外観

本日ハ晴天ナリ
現実ハ梅雨イリ

@東京お嬢

LINEで送る
Pocket

ピックアップ