職員ブログ

『お盆の準備と作法~浄土真宗~』

LINEで送る
Pocket

とうとう7月。
夏はもうそこまで…。
皆様、夏休みのご予定などございますか?
我が家は10年前に行った沖縄旅行以来休みを満喫した記憶がないです(泣)
(まぁ、2匹のニャンコを置いていけないのが理由ですが…。)

*   *   *   *   *

7月といえば・・・東京のお盆期間(13日~16日)ですね~。
※49日以内にお盆がくれば翌年が新盆(にいぼん)となりますよ。

新盆とは!?
故人の死後49日忌明けをすぎて初めて迎えるお盆のことです。
(新盆に対して盂蘭盆[うらぼん]です。)

お盆行事と言えば、スーパーや花屋などでよく目にするのが
「精霊馬」「ほおずき」「焙烙(ほうろく)」「おがら」ですね。

浄土真宗ではこれらを行う必要はありません。
「人は亡くなると同時に阿弥陀様のおはたらきにより
浄土に往生し仏となる」

「仏様はいつでもどこでもいらっしゃる」
これが浄土真宗の考え方なのです。

じゃあ、お盆でもお迎えに行っちゃいけないの?

ナスときゅうり買っちゃいけないの?

ちょうちんは!?

いえいえ。
ご供養するキ!モ!チ!が大切なのです。
アレがダメ。
コレがダメはないのです。
ありったけのご供養を!!!!!
お盆だけでなくエブリデイよろしく!!!!!(笑)

そんな「お盆時期」にあやかってか、
最近では「お盆玉」というポチ袋が販売されているのを
ご存知ですか?
20170702①改定版お盆玉

その名の通り、
「お盆休みに孫や親戚にあげるお小遣いのこと」です。
(発祥は山形県)
専用の袋がなかっただけで、お小遣い制度はありましたよね~。
まぁ、私はもらうばっかりであげたことないですけど・・・(笑)

お寺では「お布施袋」を一番よく目にしますが、
それに変わる袋で、ウキウキできるものないですかね!?
「阿弥陀様の笑い袋」とかどうですか!?
(袋ちがい!?)
ただ笑っているだけじゃなく、合間にちゃ~んと
「正信偈」や「阿弥陀経」の一部読経してくれるっていうもの!

これならお子様もうっかり覚えて
自然とご供養できちゃう一石二鳥!!!!!
((゜o゜)ハッ!出過ぎた真似を・・・)


では最後に。
メジャーになってしまっている間違った作法2つを正しておきます。


~おりん~
お仏壇の前に座り、手を合わせる際によく「チ~ン」と鳴らしていますよね。
本来おりんを鳴らすのはお経を読む前後の合図です。
仏様を呼び出す合図ではありません(笑)
20170702②おりんと阿弥陀経


~お線香~
火をつけて灰の中にまっすぐ刺している印象ですよね。
浄土真宗以外の宗派は正解です。
浄土真宗は折って寝かせるのが正解。
20170702③線香

正しい作法でご供養しましょう!!!!!
南無阿弥陀仏~~~。

2017.7.2 東京お嬢
(来週の合同法要、私、メモリアルセレス千代田におりますよ~♪) 





LINEで送る
Pocket

ピックアップ