職員ブログ

『彼岸と曼珠沙華』

LINEで送る
Pocket

皆様お久しぶりです。納骨堂職員Kです。

もう間もなくお彼岸ですね。東京御廟では近所の方から彼岸花を頂きました。

20170917①

 

彼岸花はリコリス、万儒者下とも呼ばれ九月中旬に花を咲かせます。

名前も彼岸の時期に咲くことが由来になった、というのが通説です。

(もうひとつの説はその有毒性から食べたら彼岸(死)しかないから、というのもあるそうな)

別名がまたずいぶんと不穏で、死人花、地獄花、幽霊花、剃刀花、捨子花…

墓地に植えられることが多いからなんですかね?わたしは見た目も色も好みなんですが。

有名な埼玉の某名所にはいつか行ってやろうと目論んでおります。

そして花言葉は「情熱」「再会」「転生」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」などなど。

素敵なものが多いですね!

 

さてお彼岸期間は!東京御廟は大変大変混雑致しますのでご注意ください。

天候によってまちまちですが、特に午前中は待ち時間が発生してしまいがちです…

なるべく円滑にご参拝いただくためにも午後の参拝、お勧めです。

混むときは混んでしまうんですが…職員も早めにご案内できるよう努力いたします。

 

お彼岸期間
9月20日(水) 彼岸入り
9月23日(土・祝) 中日(秋分の日)
9月26日(火) 彼岸明け

 

それでは!

チキンラーメンをお湯に入れる前に少しぽりぽりつまむのが密かに好きな納骨堂職員Kでした!

Have a nice day!

LINEで送る
Pocket

ピックアップ