コラム

すず娘のプチ修行 第十三回「すず娘、嘘は方便ならずの巻」

LINEで送る
Pocket

すず娘、我慢は大事!?の巻

すず娘  ……。(地面にのの字を書いているすず娘)

 

和尚   すず娘や、どうしたんじゃ。

 

すず娘  お、お、お、和尚さぁぁぁん。きのう、宿題をし忘れちゃったんだ。夕飯の前までは覚えてたんだけどね。

 

和尚   それで?

 

すず娘  先生に「やったけど忘れてきた」って言った。

 

和尚   つまり、忘れてたわけじゃな?

 

すず娘  ほら、嘘も方便って言ってたじゃん。やる気はあったんだからさ。

 

和尚   それは「方便」とは言わん。忘れたものは忘れたもの。隠しごとはよくないぞ。

 

すず娘  でも、この言い訳で、春休みの宿題も、去年の冬休みの宿題も乗り切ったんだから。

     任せといて! えへん!

 

 和尚   なんじゃと! すず娘はいつもそうやって宿題をサボってきたのか。

 

 すず娘  サボるなんてぇ。口が悪いですよぉ~、和尚さん。

     でも、あたしの嘘も、時には人を救うのよ。

 

 和尚   例えば?

 

 すず娘  通知表を見せたあと、お母さんに「よ! 美人!」って言ってあげるの。

 

 和尚   継続は力なりか…?

 

【仏教豆知識】

仏教用語に「不妄語戒(ふもうごかい)」という言葉があります。これは、様々な欲求に惑わされるなという意味です。

つまり、すず娘のように、やってこなかった宿題を「家に忘れた」と嘘をつきとおすのではなく、まず「嘘をつかない習慣をつける」ことが大切です。

また、宿題は先生のためでも、親のためでもありません。自分のためにやるものですから、「方便」にもならないわけです。

 

イラスト:砂絵工房

LINEで送る
Pocket

ピックアップ