コラム

すず娘のプチ修行

すず娘のプチ修行 第一回「すず娘、仏教を体験するの巻」

LINEで送る
Pocket

すず娘 すず娘

こんにちは〜。和尚さんいらっしゃいますか?
旅行のお土産を持ってきました!

和尚

これはこれはありがたい。入ってらっしゃい。

すず娘

お邪魔しまぁす。
あれ?和尚さん、本を読んでいたのですか。何の本?

和尚

これは仏教の教えで「他力本願」について書かれた本じゃ。

すず娘

へー、和尚さんになっても、まだ勉強してるのね。すごいなっ。
そうそう、私もこの間、家族で仏教体験に行ってきたんですよ!
座禅ツアー1泊2日の旅!

和尚

ほう、座禅とは良い体験であったな。
それで、お寺の修行はどうであった?

すず娘

それが、そのお寺、自前でワインを作っているんですよ。別名「ワイン寺」。
試飲もできるんです。とても美味しかったです〜♪

和尚 和尚

すず娘には、まだ早いのではないかな…?

すず娘

冗談ですよ。試飲したのは、お母さんです!

和尚

して、すず娘も座禅はしたのかな?

すず娘

はい!足が組めなくて困っていたら正座でも良いと言われましたし、
足が痛くなったら宿坊に帰って休んで良いとも言われたから、楽勝でしたよ!!
…私は10分で宿坊に帰りましたけど。

和尚

情けないのう。そんなに早く足がしびれたのか。

すず娘

いえ、ついつい居眠りをしてしまって、宿坊に帰らされたんです。

和尚

……。

【仏教豆知識】

数年前から気軽に仏教体験ができるプランが人気を呼んでいます。
お手軽…というだけでなく、「旅気分で」という点でも人気が高まっているようです。

修行するのですから、宿泊は「ホテル」ではなく「宿坊」。
とはいえ、中にはまるで高級旅館のような設備を兼ね備えているお寺も少なくありません。
楽しみながら自分磨きができるという点が、欲張りな(?)女性たちを惹きつけるのでしょう。

しかし、一見華やかに聞こえますが、そこはやはりお寺です。
仏さまや神さま、仏事への敬意を忘れずに、お世話になるお寺のルール
(門限、お風呂、食事の時間など)をしっかり守りましょう。

さて、修行とはいえ、旅の一つの楽しみといえば「食事」。

すず娘が修行したお寺は「ワイン」のおいしいお寺でしたが、
寺院系の宿坊の場合は精進料理が多く、
逆に、神社系では、お肉料理が供されることもあります。

また、繁華街への地の利の良いお寺の中には
素泊まりプランが選べるところもあり、
焼肉屋さんに繰り出すのもOKです(が、門限はしっかり守りましょう!)。

さて、肝心の仏教修行ですが、宗派によって内容が異なるので、
座禅を体験してみたいなら禅寺、護摩を体験してみたいなら密教系の寺…と、
何をしてみたいかがハッキリしている場合は、まずお寺に確認しましょう。

イラスト:砂絵工房

LINEで送る
Pocket

ピックアップ