コラム

すず娘のプチ修行

すず娘のプチ修行 第六回「すず娘、整理整頓に悩むの巻」

LINEで送る
Pocket

すず娘、整理整頓に悩むの巻 すず娘

和尚さ〜ん。もう疲れちゃいました〜。

和尚

どうしたんじゃ? ぐったりして。

すず娘

お母さんがこの本にハマってて。

和尚

なになに…、『断捨離のススメ』?

すず娘

なんか、整理整頓の本みたいなんですけど、
これを読んで、私にも部屋を片付けなさいって言うんです。

和尚

して、部屋は片付いたのかな?

すず娘

それが…

和尚

何から手をつけてよいか、わからないのじゃな?

すず娘

いいえ、整理整頓グッズを買いすぎてしまったので、
その置き場をお借りしたいと思いまして。
捨てるにはもったいないので…。
何なら、もらってくださっても結構ですよ!

和尚

断捨離の道は、遠いのぉ。

【仏教豆知識】

「断捨離」とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」
という考え方から、必要なものを断つ、捨てることを言います。

また、身の回りを片付けるだけでなく、
モノへの執着からの解放という本来の意味から、
精神的な意味も持ち、2010年の流行語にも選ばれました。

仏教においても「執着を離れる」という考えは重要であるとされており、
中でも「捨」という語は、大切であると言われています。

この「捨」は「捨てる」「手離す」と言う意味ですが、
人でもモノでもを無くすことはとても悲しく苦しいことです。

仏教ではそのことを「愛別離苦」(愛する人(物)と別れる苦しみ)と言います。
その苦しみを克服するための強い心を持つ修行の一つを「喜捨」とい言い、
「お布施」はその行の一つなのです。

(「お布施」については、次回、お話しします)

イラスト:砂絵工房

LINEで送る
Pocket

ピックアップ